STEP BONE CUT の技術レベル保持のため、称号使用には認定制度を設けています。

STEP BONE CUT(登録第4967257号)は、日本・米国・欧州・中国・香港・台湾・韓国にて当会が商標登録しております。

小顔補正立体カット(登録第5481716号) ・ 骨格補正立体カット(登録第5525846号)は、当会 の登録商標です。

STEP BONE CUTは「ヘアカット方法」の日本特許を取得しています(特許第5191614号)。

STEP BONE CUT は国際特許を申請中です。無断で転用・転載・セミナー開催等の行為はご遠慮ください。

                   ​

一般社団法人ステップボーンカット協会

 

本部 

東京都港区北青山3-6-7青山パラシオタワー 11階

TEL : 03-5778-7609       

スタジオ

東京都中央区日本橋横山町7-14 ログズビル4階(co-lab日本橋横山町)

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
スクリーンショット 2018-11-23 07.18.43.png

​一般の方

スクリーンショット 2018-11-23 07.18.43.png

​美容師限定

STEP BONE CUT ACADEMY   Brooklyn NY

STEP BONE CUT NY,inc.
229 Cook St 2FLR Brooklyn,NY 11206 USA 

GREETING

​ご挨拶
サステナビリティ・CSR  (Sustainability & CSR)  
 
ステップボーンカットは人と地球に優しい美容を追求します

1、電力を最小限に抑えます。

つややかな髪と、西洋人骨格の理想のヘアデザインを形造るステップボーンカットで、無駄なブロードライをしません。

 

2、水の使用を最小限に抑えます。

カット後、残った髪をシャンプー台で流す必要のないステップボーンカットで、無駄な水を使いません。

 

3、海に流す薬剤を最小限に抑えます。

薬剤浸促進効果のあるカットローションと、髪を痛めず自由に形づけるステップボーンカットで、最小限のカラー、パーマ剤で理想のヘアデザインにします。

 

4、薬害を最小限に抑えます。

薬剤は長くつけることで、身体と髪に害を及ぼします。

短時間で、地肌に薬剤をできるだけつけない施術をします。

また薬害を最小限にする商品を使用します。

 

 

歴史 (history)

2011年、全国各地、アジア諸国からある革新的な技術に衝撃を受け、多くの美容師が集まってきました。それはステップボーンカット協会 代表理事牛尾早百合が5 年の歳月をかけ発明した、ステップボーンカット(登録第 4967257 号)と名づけられた、今までとは全く違う新しいカット方法でした。そしてそれはアジア人の平面的な骨格を補正し、西洋人のような立体的な小顔に見せる新カット技術、小顔補正立体カット(登録第 5481716 号)でもありました。この革新的なカット技法は日本のためとなる素晴らしいカット技術の発明として、 日本から特許技術として認可されました。(特許番号:特許第 5191614号 発明の名称:ヘアカット方法)2012 年には革新的でデリケートであるこの特許技術のクオリティ保持のため、一般社団法人ステップボーンカット協会が発足、当協会が運営する教育· 認定機関ステップボーンカットアカデミ ーがスタートしました。 公開から6 年、 現在では早くも日本全国で 600 店舗のヘアサロンにこの技術が導入されており、約 1,000 人もの認定スタイリストを世に輩出しています。またステップポーンカットのユーザーの数は約 20 万人にも上り、 たくさんの方々から愛される技術として成長し続けています。そんなたくさんのエンドユーザーの期待を裏切らないために、 また認定スタイリストや認定サロンの地位や名誉を守るため、 特許技術の認定、 品質の保持・管理、 特許やライセンス の管理などを目的としステプボーンカット協会は活動しています。

 

発案創始者 SAYURI USHIO

頭に思い描いたイメージや目で見たものを的確に線画で描く事が難しいように、デザインを形にするということは本当に技術を要します。

レザーからシザーに変化したヘアカットの歴史の中で、ヴィダルサスーンが確立したカット理論は画期的でした。

それが30年以上の時を経て、日本の美容師によって磨きこまれました。

わたくしも日本の美容師のひとりとして、この激動の時代の中で独学で様々な日本のカットを研究し尽くし、ステップボーンカットを考案しました。

「西洋人の骨格をベースに確立されたカット理論を、東洋人の骨格にあてはめた時の矛盾」

これを解消すべく、カット・カラー・パーマ、すべての技術がここ十数年で飛躍的に進歩しています。

それも、ここ日本で。

先人たちの長年の試行錯誤、繰り返し行われた反復練習、それを無意識のうちに、わたくしも学び受け継いできたのです。

日本独自の師弟関係にもとづく教育環境、仕事に対する精神性の高さから育まれ、

継承され発展していった、世界最高水準の日本のカット技術。

その珠玉の技術のひとつとして、5年の歳月をかけて考案したのが、このステップボーンカットです。

私は著書「FOR JAPANESE HAIR DRESSERS - 日本の美容師たちへ」で、日本の美容師の技術の素晴らしさについて、強くメッセージしています。

ここで伝えている「スピリチュアル」という言葉は、 精神性の高さのことであって 、謎めいた怪しいものの事ではありません。

なぜ日本の美容師には、世界最高水準のカット技術が求められるのか?

なぜ日本の美容師は、その技術をこの数十年の間に飛躍的に進歩することができたのか?

かつての美容師の長く辛い下積み期間が、もっと思いのままのデザインを楽しむ時間になるように。

つまづいたり迷ったり遠回りしたりせず、わくわくと道のりを楽しみながら、更なる技術向上を目指せるように。

そして、これからの技術教育が、もっと愛とクリエイションにあふれたものになるように。

これからのアジアの美容師のために、ステップボーンカットという技術が生まれました。

その考え方に是非ふれてください。

本来、秘伝ともいえる独自の技術レシピ。

私門外不出にするべきである大切な技術を公開するのは、実はとても勇気のいることです。

しかし、なぜこの技術を多くの方と分かち合いたいのか?

それは、このカット理論や教育カリキュラムが、これからアジア全土の美容師さんの飛躍的な技術向上と、

美容師の価値を高めることに必ずお役に立てると、はっきりと確信しているからです。

めまぐるしく移り変わる時代の中で、自国の文化の上に洋装をまとうアジアの女性が、もっともっと美しく輝くように。

過去のトラウマを癒し、悲しい世界の歴史が優しい融合の歴史になるように。

深く追求されてきた様々な技術です。

この考えにご共感くださる数多くの人々が、世界中から呼びかけ合い、共鳴して、

新しい時代を切り開いてゆけますように願ってやみません。

 

 

BEST SAMURAI SCISSORS CRAFTSMANSSHIP

柴 浩樹

SAYURIが「世界一のシザー職人」と全幅の信頼を寄せる、SBCアカデミー運営マネージャー。

美容機器・美容器具・美容室の総合プロデュースを行う会社でトップクラスのセールスを誇る経営幹部として活躍。

日本の美容師なら誰もがその名を知る有名サロンや美容師のシザーを企画制作。

日本の優れたカット技術の為に専用シザーを開発し、品質を保持するという、彼のオリジナル提案は、美容師への尊敬の念と職人魂から生まれた。

SAYURIから相談を受けSBC専用シザーを開発した時、あらゆる有名美容師のこだわりのカット技術を知り尽くしている彼は、SBCの革新的なカットが美容業界の歴史を塗り替えると確信した。その後仲間に加わり、アカデミー運営のマネージャーに就任する。

彼がプロデュースするSBCシザーの生産地は日本の刃物の名産地である岐阜県関市。

武士の刀を制作していた職人の技術が数百年を経た今でも息づいている。

彼はシザーの砥ぎのメンテナンスにおいても職人的な高い技術を発揮する。

美容師の切り方の癖を読み取ったうえで砥ぎを入れるそのシザーには、真新しいパワーが吹き込まれる。

philosophy

想い​

1.美容師の社会的地位を上げる

在、美容師の平均年収は 284 万円と言われています。サラリーマンの平均年収が 420 万なので、美容師は一見華やかそうで、内実、まだまだその価値が社 会に認められていない職種だとも言えます。私たちはステップボーンカットでこんな美容業界の現状を打破したいと考えています。 最近では、 ステップボーンカットの料金が 1 万円以上の美容師(サロン)も増え、 自身の年収が 1,000 万を超える美容師も誕生しています。こういった事例が示すように、確かな技術、他とは圧倒的に違う技術をしっかりとお客様に提供することができれば、お客様はそれを認め、そのことに敬意を示し、それに見合う金額を喜んで支払ってくださるのです。つまりステップボーンカットはまさに美容師の社会的地位を向上させる、 美容師を経済的に豊かにすることができる技術なのです。

テップボーンカットの勢いは留まるところを知りません。最近では中国、韓国、インドネシア、アメリカにも広がりをみせており、今や世界を魅了する技術 となりつつあります。 私たちはこの革新的な特許技術で日本をも豊かにできる可能性を感じています。「かつて、世界中の人たちがこぞってイギリスにヴィダルサスーンを学びに 行ったように、世界中の人たちが日本のステップボーンカットを学びに来る」そんなムーブメントを私たちはつくり出したいと考えています。もし、世界中の美容師たちが日本にステップポーンカットを学びに来ることになれば、 もし、世界中の人たちがこのカット技術を体験するために来日することができれば、私たちは少子高齢化で悩む日本経済を豊かにする一端を担えるのではないかと考えております。 ステップポーンカットで全ての男女のライフスタイルを素敵に彩り幸せに、日本の美容師の社会的地位の向上を、そして日本を豊かに、それが私たちの想い です。

2.技術で日本を豊かに

about step bone cut

ステップボーンカットとは?​

Clean

1. 環境を汚さないクリーンなカット技術

専用シザーで一刀入魂。カットの過程で髪が飛び散ることなく、カット後に頭部に髪に残らない。再現性の高いヘアデザインにセットは不要。ブロードライの必要もあまりなく、日常の手入れがシンプルで髪も傷むことがない。

With the SBC original scissors and SBC cut lotion, hair can be cut very clean. It produces a simple yet fashionable design which doesn’t require much blow drying—that means less damage to your hair.

Focus on each head shape

2. パーソナルな骨格にフォーカスし、バランスを整えるカット

単なるヘアスタイルを作り型にはめる従来のカットとは全く違う新しい発想。理想の骨格にマッチさせ、さらに全体のプロポーションバランスを整える。

Don’t cut hair for design’s sake. Focus on each unique head shape, finding the best design to make a person beautiful with the proportion and balance of their whole body being considered.

Give life to your hair

3. 髪と対話し、髪にいのちをあたえるカット

カット専用エッセンスのミストをたっぷりスプレーし髪をブレッシングしてなめらかに切る。髪の声に耳を傾けてデザインすると、髪が喜び、髪が想いに応えてくれる動きを表現する。

Use SBC original hair cut lotion generously. With it, cutting hair almost feels like cutting butter.Listen to your hair. It will respond to your care and direct you where and how much to cut.

Cut with gravity

4. 地球の引力で切るカット

身体にいっさい無理なチカラを加えず、独自のフォームで、地球の引力に身を任せ、自在に弧を描き自然にカットするので、髪がメロディのように流れ、つややかにスィングする。

Cut hair with the SBC original form—relaxed, without any need for tension.Let your body go along with gravity, cut naturally, that way the hair will be cut in a circular angle. The hair will shine and swing.

Meditation cut

5. メディテーションカット

全てをリセットし、自分の精神が中心に戻り、ピュアな精神と肉体を取り戻す。わずか64手の基本ステップで、全てのデザインが完成する。シザーが滑らかに髪を整える音。ひとつひとつのステップがすすむごとにひろがる不思議な体感。そのなかて、ここちよく、満ち足りてゆく。

Reset everything. Bring your core spirit back to the center of your body. 64 simple and basic steps enable you to complete any design you’d like to create. Listen to the sounds of the scissors.  Every step you take will let you feel where you are moving towards. You’ll feel calm and satisfied.

ART CONCEPT

アートコンセプト

Rebirth And Change

浄化と転生

People escape from the everyday noise and return to one's heart and soul like the memories of childhood.

日々のざわめきからエスケープし

ちいさな子供の頃のように無垢な自分の心と細胞に還る

 

 

They are in a pure place called refuge for a brief hour. The body is purified and then is returned to the daily practice of life, refreshed and centered.

 

無菌室ともいえる清浄で純粋な空間

わずかな時間そこにそっと身をおくだけで

身も心も、かたよりなくまんなかに整う

 

 

They are first stripped of decoration. I exist for the purpose of coaxing the beauty of the spirit to the surface, after the artifice has been removed.

 

表面を取り繕うものを捨てさり

かざり気のない素の自分にもどる

そこにすっくと立ちあらわれるのは

あなただけが持ついのち本来の美しさ

 

My vision is a small act of reincarnation. The passage of time is turned back for a moment as the body is cleansed and becomes radiant.  

それはまるで輪廻転生の小さな儀式

年齢を重ねるほどに透明に純粋になってゆく

くりかえす浄化と生まれ変わり

 

I created STEP BONE CUT to invoke this transformation.

 

浄化と転生

それを叶えるためにSTEP BONE CUTは誕生した

 

This is the place to which I want you to return.

誰もが還ってきたくなるところ

founder

発案​創始者
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Pinterest - Black Circle

SAYURI USHIO

 

Hairdresser / Hair Make-Up Artist / Photographer / 特許技術ステップボーンカット考案創始者 / LFCA 日本小顔補正立体カット協会代表理事 / 株式会社 TICK-TOCK  founder  / STEP BONE CUT.NY.inc president

世界を旅する直感型クリエイター

SAYURI は世界中の街角でモデルを発掘し、衣装調達・ヘアメイク・撮影までの全てを自ら行い、現地のクリエイターとの出会いの中から独自のスタイルで作品を創作する。 その作品には、いつも天啓に似た直感的なひらめきで紡ぎ出した散文が添えられる。 2010年、幻想的な作品は一冊の ART PHOTO BOOK「For Japanese Hairdressers〜日本の美容師たちへ」にまとめられ、世界6カ国13都市で発売された。 「日本の美容師たちへ。自信を持ちなさい。日本の美容技術は世界最高水準だと自負しなさい」 そのメッセージは未来へと放たれ、同じ未来を思い描いていながら離れ離れだった仲間達を結びつけ、歴史を大きく変えるような新しい冒険がはじまった。

 

未来思考デザイン実践家

6店舗のヘアサロンを展開する TICK-TOCK の代表でもある SAYURI は、経営も美しいクリエイションととらえている。 経営者とクリエイターという一見、両極端に見える2つの側面を持つ経歴の中で、切磋琢磨して培ったクリエイティブな経営発想。 その実績は美容業界誌の掲載において枚挙にいとまがない。 そして異業種ビジネス界の注目も集めている。 SAYURI はいつも正直に未来に立って思考し、デザインし続ける。

人材の特性を見つめて活かす場合も、未来をイメージするからこそ、潜在能力までも最大限に引き出すことができる。 自分にも他人にも一切の制限を与えず、自由しなやかに輝き響き合う生き方は、美容師のみならず、様々な分野の経営者や多くの働く女性達に勇気と希望を与え続けている。 100年先、千年先の未来を見通す、好奇心と勇気は SAYURI を次のステージへと導く。 「考えなくても全部つながってるの。すべてお見通し。安心してね」 SAYURI は宇宙の原理原則に従い、最善を重ね、目の前の課題を好奇心で楽しみながら、次々に問題を解決してゆく。

WWD

クリエイティブ✖️システム化✖️グローバル=メガブランディング

HISTORY

1980

宮内学園 日本高等美容専門学校(現 BEAUTY ARTS KOBE)

1985

TICK-TOCK Club OPEN

1990

NY グリニッヂビレッジでサロンワークをしながら撮影活動開始

1999

TICK-TOCK Delicious OPEN

TICK-TOCK Paradime OPEN

2000

チックタック・コミュニケーション有限会社設立

2001

TICK-TOCK Tor-west OPEN

2003

TICK-TOCK Airline にて写真展開催

2004

神戸ラフレアにて写真展開催

2005

GALLERY BIRD にて個展開催

2006

独自商品の不思議水をパーマカラーに活用しエコ活動に参加

2009

NEWS HAIR MAGAZINE 社 写真と散文『LIVE &MOVE』1年間連載

2010

フォトスタジオ&アートギャラリー T-Labo(TICK-TOCK Design Laboratory) OPEN

華道家 肥原康縁氏とコラボレーション展「Fowering! For Japanese Hairdressers! - 精華~日本の美容師たちへ -」開催

ART BOOK 『FOR JAPANESE HAIR DRESSERS - 日本の美容師たちへ -』を日仏米同時出版

全脳思考モデルファシリテーター資格受講終了

NY 紀伊国屋にてトークセミナー&写真展開催

2011

STEP BONE CUT ACADEMY 開校

上海PREPPY ACADEMY 講師参加

BSフジのテレビ番組「社長密着24時」世界を変える100人の挑戦者達 密着取材放送

2012

神戸ヘアドレッサーズ理事

神戸花鳥園にて新感覚ファッションイベント「ON EARTH」開催

一般社団法人 日本小顔補正立体カット協会 代表理事に就任

2013

「ステップボーンカット©」新発明の特許取得認定

COLETTE fille de TICK-TOCK Tor-west OPEN

COLETTE fille de TICK-TOCK Airline OPEN

2014

TICK-TOCK Model OPEN

2015

SAYURI USHIO アートプロジェクト始動。NY、PARIS、上海、台湾、シンガポール、ジャカルタ等。

2016

1月 STEP BONE CUT NY Inc. 設立

3月 世界最大の International Beauty Show New York セミナー講師

6月 STEP BONE CUT Brooklyn ACADEMY OPEN 基礎コーススタート

6月 International Beauty Show Las Vegas セミナー講師

2017        

バーニーズニューヨーク六本木にて、開発商品STEP BONE CUT PRODUCTSの POP  UP 開催
TICK-TOCK MORGAN OPEN.
STEP BONE CUT BROOKLYN (ヘアサロン)NY OPEN
2018        

日本の有名出版社(自由国民社)から発刊。「人生を変える髪の魔法」
JAPANESE HAIR DRESSERS 血と髪 NYで個展開催
PLANTS IN HAIR 植物と髪 NYと、東京南青山 spoon bill で個展開催
FUJI SANKEI  USA ドキュメンタリー 「未知の領域を切り開く日本からのアーティスト SAYURI」密着取材放送
毎日放送 Catch!!
テレビ東京 BS テレビ東京  なないろ日和

受賞暦

TADA PHOTO COLLECTION 2000 グランプリ

JHA 2000(ジャパン・ヘアドレッサーアワード)関西エリアファイナリスト

JHA 2001 ライジングスター ファイナリスト

Milbon Photo Collection 2001 「カバー賞」「デザイナー賞」2部門同時受賞

ARIMINO Photo Collection 2003 最終ノミネート

JHA 2003 近畿エリア ファイナリスト

ARIMINO Photo Collection 2005 最終ノミネート